スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ラスト・フレンズ 第7話『残酷な現実』

美知留(長澤まさみ)は、瑠可(上野樹里)との関係があまり上手くいっていないことに悩み、タケル(瑛太)に相談を持ちかけた。美知留は、学生時代から、瑠可には決して他人を入り込ませない壁のようなものがある、と感じていたらしい。
 ふたりの会話を偶然聞いてしまった瑠可は、美知留の言ったことは本当だ、とタケルに打ち明けると、いままで誰にも話したことがないその秘密を聞いてほし い、と告げた。以前から瑠可に心をひかれていたタケルは、瑠可の話を聞く前に、といってその思いを伝えた。瑠可は、激しい動揺を抑えながら、タケルの気持 ちには応えられない、と返し、彼に秘密を打ち明けることを諦めてしまう。

 そんな折、美知留たちシェアハウスの面々は、遊園地に遊びにいくことになった。エリ(水川あさみ)友彦(山崎樹範)が福引きで招待券を引き当てたのだ。朝、皆が出発の準備をしていると、瑠可が所属するモトクロスチームの監督・林田(田中哲司)がやってくる。実は瑠可は、林田に恋人役を務めて欲しいと頼んでいた。林田は、頼まれたとおり、皆の前で瑠可との交際を宣言する。タケルは、ショックを隠せなかった。

 シェアハウスの面々に林田を加えた6人は、遊園地を訪れた。タケルは、寄り添って歩く瑠可と林田の姿を見ているのが辛くなり、目をそらす。と、そのとき、ひと組の家族連れが目に入った。夫や子どもと遊びにきていた白幡優子(伊藤裕子)だっ た。ほどなく優子もタケルに気づいた。が、何事もなかったかのようにまた子どもの世話を始める優子。次の瞬間、過去の記憶がフラッシュバックして急に気分 が悪くなったタケルは、その場から逃げ出してしまう。タケルの異変に気づいた美知留は、しばらく彼を介抱した後、一緒にシェアハウスに戻った。
 戻ってきた瑠可たちは、美知留がシェアハウスに戻ってきたことを祝うためにケーキを買ってくる。遅れて、林田も、皆の夕食を買ってやってきた。瑠可は、何気ないそぶりでタケルのカップを手に取り、林田にコーヒーを出した。

 その夜、美知留は、宗佑(錦戸亮)に 連絡をとって別れると伝えることにした、と瑠可に告げる。自分でけじめをつけたい、という美知留の強い決意を知った瑠可は、何も言わなかった。あくる日、 美知留は宗佑に電話をした。美知留は、「ボクは死ぬまで君を見捨てない」「君とひとつになりたい」などと言う宗佑に、辛い気持ちを抑えながら別れの言葉を 告げた――。

 同じころ、練習場にいた瑠可は、更衣室の前に人だかりができていることを知る。実家に送られてきたものと同じ中傷ビラが、更衣室にも貼られていたのだ。 瑠可は、ビラを破り捨てると、美知留の元カレが逆恨みしているだけだ、と林田たちに説明した。納得していない表情の林田を振り切ってその場を立ち去った瑠 可は、頭からシャワーを被って悔し涙を流した。

 宗佑は、寂しげな表情でひとり公園にいた直也(澁谷武尊)を 見つける。直也の母親は、何日も家に戻ってきていないようだった。宗佑は、直也を自宅マンションに連れ帰り、手作りのカレーライスを食べさせた。直也か ら、彼女がいるのかと尋ねられた宗佑は、いなくなったけど寂しくない、と答えると、こう続けた。彼女はまた戻ってくるから、と…。

 瑠可は、シェアハウスに戻るなり、自室に閉じこもった。瑠可が自分に言おうとした言葉をずっと考えていたタケルは、彼女の部屋のドアを叩いた。悩んでい るのなら話して欲しい、と必死に訴えるタケル。その優しさが辛くなった瑠可は、人には死んでもいいたくないことがある、と叫んだ。

 その夜、タケルは、幼いころの夢を見る。それは、決して忘れることができない過去だった。目を覚ましたタケルは、部屋を出てダイニングに行こうとした。するとそこには美知留の姿があった。美知留が泣いていることに気づいたタケルは、そっと部屋に引き返した。

 あくる朝、美知留たちは揃って朝食をとる。が、いつもとは違って会話もない状態だった。美知留やエリは、瑠可のことを心配して声をかけた。すると瑠可は、スランプだ、とだけ答えた。

 瑠可は、練習に行くまでの間寝る、といってソファーに仰向けになった。美知留は、タケルに、宗佑と別れたことを伝えた。半分は瑠可に聞かせるためだった。瑠可は、良かったんじゃないか、とだけ言うと、練習に出かけた。

 美知留は、タケルと一緒に朝食の後片付けをする。そこでタケルは、昨夜泣いていたことを美知留に切り出す。タケルは、美知留が宗佑のことを思い出して泣 いていたことも見抜いていた。タケルは、自分も、大好きな人を大嫌いになった経験があるが、心の傷はやがて自分でもなだめられるくらいに小さくなるから大 丈夫だ、と美知留を励ました。美知留は、そんなタケルに静かに寄り添うと、「あなたのこと、好きになっていいかな?」と告げた。携帯電話を忘れて戻ってき た瑠可は、そんなふたりの姿を見てしまい…。

 仕事帰りのエリは、空港内の喫茶室で別居中の妻・栄子(川村早織梨)と楽しそうに話す友彦の姿を目撃する。立ち止まったエリは、一瞬、こみ上げてきた悲しさを振り払うかのように、再び歩き出した。

 宗佑は、直也と一緒に歩いていた。そのとき、不意に直也が、遮断機が下りている踏み切りに向かって走り出した。直也は、踏み切りの向こうに、男と一緒にいる母(ひがし由貴)の姿を見つけたのだ。追いかけようとして、遮断機をくぐる直也。次の瞬間、直也が転んだ。宗佑は、直也を助けようと線路内に飛び込み、彼を抱き起こしたが…。(公式サイトより引用)




「ラスト・フレンズ 第7話」youku版


続きを読む »

スポンサーサイト

テーマ : ラスト・フレンズ (長澤まさみ、上野樹里、瑛太出演) - ジャンル : テレビ・ラジオ

TAG : ドラマ ラストフレンズ 動画 7話

  
     
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。