スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ラスト・フレンズ 第4話『引き裂かれた絆』

美知留(長澤まさみ)は、瑠可(上野樹里)のことで宗佑(錦戸亮)と口論になり、激しい暴力を受ける。美知留は、瑠可やタケル(瑛太)たちが暮らすシェアハウスに向かい、助けを求めた。瑠可は、美知留を落ち着かせると、宗佑とは別れたほうがいい、と告げる。暴力で相手を自分の思い通りにしようとするのは愛じゃない、という瑠可の言葉に、涙を浮かべる美知留。瑠可は、タケルやエリ(水川あさみ)友彦(山崎樹範)にも協力を求め、宗佑から美知留を守ろうと決意する。
 瑠可は、勤めている美容室は辞めて、携帯電話にも出るな、と美知留にアドバイスする。と同時に、父親の修治(平田満)にも事情を話し、誰かからシェアハウスの住所を尋ねられても教えないでほしい、と頼んだ。

 美知留は、タケルやエリたちの優しさを感じながら、シェアハウスで落ち着いた生活を送る。その間も、美知留の携帯電話には、何件も宗佑から電話があり、 二度と君には手を上げないから戻ってきてほしい、と懇願する伝言メッセージも入っていた。それを知った瑠可は、こんな伝言は聞くな、と言い放つと、もし宗 佑の元に戻ったら同じことの繰り返しになる、と美知留に釘を刺した。

 そんな折、モトクロスの練習場でトレーニングをしていた瑠可は、遠くからじっとこちらを見つめている宗佑の姿に気づく。瑠可は、タケルに連絡を入れ、宗佑が姿を現したことを伝えると、美知留をひとりにしないでほしい、と頼んだ。
 瑠可は、ちょうどそこにやってきたモトクロスチームの監督・林田(田中哲司)を誘って飲みに行く。宗佑の尾行を防ぐためだった。その夜遅く、酒に酔った瑠可と林田は、互いにふざけ合いながら帰路につく。が、そこで瑠可は、林田に抱きつかれて唇を奪われてしまう。激しい嫌悪感に襲われた瑠可は、林田を突き飛ばすと、その場から走り去った。
 瑠可は、ショックを引きずったまま、タケルがアルバイトをしているバーを訪れた。瑠可から事情を聞いたタケルは、必死に涙をこらえようとしている瑠可の肩をそっと抱いた。

 あくる日、練習場に向かった瑠可は、昨夜のことはなかったことにしよう、と林田に告げた。レーサーとして尊敬しているだけでなく、友情も感じている林田との関係を壊したくなかったのだ。林田は、そんな瑠可の言葉に、ホッとしたようすだった。

 留守番をしていた美知留は、宗佑からの着信に混じって、母親の千夏(倍賞美津子)からも電話が入っていることに気づく。千夏に電話をしてみると案の定、金の無心だった。美知留がそれを了承すると、千夏は、温泉旅行に行ったときの土産もあるから、たまには顔を見せるよう美知留に告げた。
 夕方、瑠可は、美知留の代理で千夏のもとを訪れる。瑠可は、手短に用件だけを済ませると、千夏の家を去った。すると、千夏の家の奥から、宗佑が姿を現す。宗佑は、千夏に金を渡して美知留に電話させていたのだ。

 瑠可がシェアハウスに戻ってしばらくすると、ドアチャイムが鳴った。タケルが帰ってきたと思ってドアを開けるエリ。そこに立っていたのは宗佑だった。幸い、美知留は入浴中だった。瑠可は、美知留に会わせてほしい、という宗佑の願いを強く拒絶し、彼を追い返した。

 仕事から戻ってきたタケルは、シェアハウスの前に立っている宗佑に気づく。瑠可と相談したタケルは、美知留を守るために、寝ないでようすを見ることにする。外は雨が激しくなっていた。

 深夜、眠れずにいた美知留は、リビングにやってくる。タケルは、そんな美知留にハーブティーを入れた。そこでタケルに家族のことを尋ねる美知留。おいし いお茶を入れる人は、穏やかでいい家に育ったのではないかと思ったらしい。美知留は、中学のときに両親が離婚し、引き取ってくれた母親も仕事で家を空けて いたために、いつも家ではひとりぼっちだったのだという。実は宗佑も母親に育てられていた。が、その母親が恋人のもとに行ってしまい、残された宗佑は親戚 中をたらい回しにされていたらしい。

 あくる朝、美知留は、ゴミを出しに行く。すると、近くの物陰に、ずぶ濡れのままうずくまっている宗佑の姿があった。「ぼくは、いつも君を待っている…待 つのは、辛くないんだ」と震えながら微笑む宗佑。美知留は、そんな宗佑を強く抱き締めた。そのようすを見つめていた瑠可は…。(公式サイトより引用)




「ラスト・フレンズ 第4話」youku版


続きを読む »

スポンサーサイト

テーマ : ラスト・フレンズ (長澤まさみ、上野樹里、瑛太出演) - ジャンル : テレビ・ラジオ

TAG : ドラマ ラストフレンズ 動画 4話

  
     
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。