スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ラスト・フレンズ 第3話『命を削る想い』

美知留(長澤まさみ)は、モトクロスの大会で転倒し、病院に搬送された瑠可(上野樹里)に付き添っていた。そこにやってきた宗佑(錦戸亮)は、誰もいない待合室に美知留を連れ出すと、帰宅時間を守らなかった彼女を責め、暴力を振るった。トイレに立った際に偶然その現場を目撃してしまった瑠可は、美知留を庇い、宗佑の前に立ちはだかった。ほどなく、瑠可の戻りが遅いことを心配したタケル(瑛太)もやってきた。異変を感じ、イスを持ったまま立ち尽くす宗佑の腕を押さえつけるタケル。瑠可は、何故暴力を振るったのか、と宗佑を責めた。すると宗佑は、ふざけていてイスが倒れただけだ、などと答える。

 退院してタケルとともにシェアハウスに戻った瑠可は、エリ(水川あさみ)友彦(山崎樹範)に病院での出来事を報告した。瑠可は、美知留のことを放っておけない、と思いつめていた。

 自宅マンションに戻ったタケルは、テーブルの上に置かれた宅配便に目をやる。差出人は白幡優子とあった。そこに、優子(伊藤裕子)から電話が入った。電話に出たタケルは、もう自分にかまうのはやめろ、と優子に告げた。「あんたは忘れたふりをしてるけど、俺は忘れてないし、許すつもりもないから」。タケルは、そう言い放って電話を切ると、宅配便の箱をそのままゴミ箱に投げ捨てた。

 別の日、瑠可は、美知留が働く美容院を訪ね、ランチを共にする。そこで、美知留に宗佑の話を切り出す瑠可。それに対して美知留は、あいまいな笑みを浮か べるだけだった。だが、酒を飲んでは暴力を振るっていた美知留の父親の話を瑠可に持ち出されると、宗佑は自分のことを大事にしてくれている、とムキになっ てしまう。いままで人から愛されていると感じたことがなかったが、宗佑からは愛されていると感じる、というのだ。その言葉を聞いた瑠可は、それ以上美知留 に何かを言うのを諦め、テーブルの上にランチ代を置いて店を出て行ってしまう。

 そんな折、店長の小百合(蘭香レア)から担当の客を持たされるようになった美知留は、男性客からの指名を受ける。美知留は、男性客の髪は切らない、という宗佑との約束を思い出して一瞬戸惑うが、意を決し、それを引き受けた。

 その夜、美知留と宗佑は、夕食をともにする。そこで宗佑から仕事のことを尋ねられた美知留は、嘘をつき通すことができず、仕事なのだから断れない、と涙 ながらに訴えた。宗佑は、そんな美知留を突き飛ばし、自分と客のどちらが大事なのか、と詰め寄った。美知留は、「宗佑に決まっている」といって彼にしがみ ついた。宗佑は、そんな彼女を突き放すと、二度と男の髪を切るな、と命じた。

 同じころ、シェアハウスには、タケルが引っ越してきていた。さっそくタケルの歓迎パーティーを開く瑠可たち。瑠可とタケルは、カラオケで盛り上がるエリ と友彦を放っておいて、ベランダに出た。そこでタケルは、その後、美知留に会ったのか、と瑠可に尋ねた。瑠可は、美知留から、放っておいてほしい、と言わ れたと答え、寂しそうに微笑んだ。そんな瑠可の姿を見たタケルは、彼女の携帯電話を奪うと、勝手に美知留に電話をしてしまう。
 ほどなく、美知留から瑠可の携帯に電話が入った。瑠可と話したい気持ちはあっても言葉が出ない美知留は、自分の気持ち振り絞るようにして、「…会いたいよ」とだけ伝えた。その言葉に胸を突かれた瑠可は、タケルが引っ越しのために借りたトラックで、美知留に会いにいく。

 瑠可は、タケルとともに美知留を迎えに行き、埠頭へと向かった。そこで改めて瑠可の優しさに触れる美知留。「私、ダメなところいっぱいあるけど、これか らも、ずっと友だちでいてくれる?」。美知留は瑠可にそう言った。瑠可は、そんな美知留に笑顔を見せ、肩を抱いた。気を利かせて車の中で待っていたタケル は、寄り添いあうふたり後姿を、静かに見つめていた。

 あくる朝、出勤した美知留は、小百合に、男性客は断りたいと申し出る。それに怒った小百合は、もう客につかいないで掃除と雑用だけしていればいい、と美知留に告げる。

 その夜、なかなか寝付けなかった美知留は、ベッドから出てリビングでホットミルクを飲もうとした。テーブルの上に置かれた卒業アルバムに目を留め、ペー ジをめくる美知留。そのとき美知留は、ある異変に気づく。瑠可の写真がマジックで塗りつぶされていたのだ。美知留の背後には、宗佑の姿があった。美知留 は、どうしてこういうことをしたのか、と宗佑を問いただした。すると宗佑は、瑠可は美知留に近付いてはいけない女だ、と答えた。宗佑は、美知留が部屋を抜 け出し、瑠可に会っていたことも気づいていた。瑠可は男の目で美知留を見つめ、ずっと狙っていた、と言い出す宗佑。美知留は、そんな宗佑を悲しそうに見つ めながら、自分は宗佑の奴隷じゃない、と訴えた。「宗佑のために、いろんなことをガマンしてきた。何だってガマンできるって思った。でも、これだけは譲れ ない…私の瑠可のことを、悪く言うのは止めて!」。美知留は、宗佑にそう言い放った。すると宗佑の顔色が変わり…。

 瑠可は、タケルやエリたちとトランプをして盛り上がっていた。すると、ドアチャイムが鳴った。瑠可がドアを開けると、そこには、口元に血をにじませ、顔 に生々しいアザを作った美知留が立っていた。「…瑠可、助けて」。瑠可は、そう言って倒れるように抱きついてきた美知留をしっかりと受け止め…。(公式サイトより引用)




「ラスト・フレンズ 第3話」youku版


続きを読む »

スポンサーサイト

テーマ : ラスト・フレンズ (長澤まさみ、上野樹里、瑛太出演) - ジャンル : テレビ・ラジオ

TAG : ドラマ ラストフレンズ 動画 3話

  
     
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。