スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ラスト・フレンズ 第11話(最終回)『未来へ』

美知留(長澤まさみ)は、自ら命を絶った宗佑(錦戸亮)の遺書を見つける。遺書には、自分が生きている限り美知留を縛りつけてしまうから、自由にしてあげるためには自ら心臓を止めるしかない、などと綴られていた。

 同じころ、モトクロス全日本選手権の関東大会で優勝した瑠可(上野樹里)は、記者会見に臨んでいた。週刊誌で瑠可のことが取り沙汰されたこともあって、会場には大勢の取材陣が詰めかけていた。そこで瑠可は、男でも女でもなくひとりの人間として自分を応援してくれた家族や友人に支えられてここまでくることができた、と堂々とした態度で答えた。

 あくる日、シェアハウスに美知留の母・千夏(倍賞美津子)から電話が入る。千夏は、美知留を捜しているようだった。そこで初めて宗佑の死を知った瑠可やタケル(瑛太)たちは、さすがにショックを隠せなかった。ほどなく、瑠可のもとに、美知留からのハガキが届く。そこには、「レースに行けなくてごめんなさい。私は一人でやっていきます。心配しないで下さい」とだけ書かれていた。
 一方、友彦(山崎樹範)は、海外転勤の内示を受ける。来月にはミラノに行かなければならないのだという。友彦が別居中の妻をミラノに連れて行くことを知ったエリ(水川あさみ)は、内心ショックを受けていたが、無理矢理自分を納得させると、笑顔で彼と別れた。

 そのころ美知留は、かつて千夏と暮らしていた港町にいた。そこで、千夏の知り合いだったシズエ(大森暁美)に出会った美知留は、彼女が仲居頭を務める旅館の仕事を世話してもらう。
 そんな折、美知留が妊娠していることが判明する。4週目だった。医師は、血圧が高いことから、出産にはリスクが伴う可能性があると美知留に告げた。それ から数日後、千夏が美知留のもとにやってくる。シズエから連絡をもらったのだという。美知留が出産を決意していることを知った千夏は、子どもは生きていく のに足手まといなる、と告げた。美知留は、そんな千夏に強く反発した。実は美知留は、千夏が自分のことをそう思っているのではないかとずっと思っていたの だ。「私は、お母さんみたいにはならないよ。この子のことは、ありったけの愛情をかけて大事に育てるから」と言い放つ美知留。そのとき、ふいに吐き気に襲 われた美知留は、部屋を飛び出した。美知留の意志が固いことを知った千夏は、美知留の背中をさすりながら、夫が借金を作って逃げたとき、自分も赤ん坊とふ たりなら頑張れると思った、と言って美知留を励ました。


 それから数ヵ月後。仕事を終えたエリの前に、花束を持った友彦が現れ、いきなりエリに求婚した。エリのことが忘れられなかったのだという。

 エリと友彦の結婚式と披露宴には、瑠可とタケルも出席した。ふたりは、幸せいっぱいのエリたちを心から祝福した。

 シェアハウスは、瑠可とタケルだけになっていた。その間も瑠可のことをずっと見守っていたタケルは、ある日、美知留を迎えに行こう、と瑠可を誘った。美 知留がいなくなってからも、片時も彼女のことを忘れていない瑠可を見ているのは辛い、というのだ。ふたりは、タケルが借りてきたバイクで美知留の行方を追 い、彼女が高校卒業と同時に移り住んだ町・銚子へと向かった。

 銚子に到着した瑠可たちは、美知留に関する情報を追い求める。最初の日、有力な手がかりを得ることができなかったふたりは、海岸にテントを張って夜を明 かすことにする。そこでタケルは、姉との間にあったできごとを瑠可に打ち明ける。タケルは、そのときのことがトラウマになって、女性の体が怖くなってしま うのだという。「最低だよな、こんな男。一生まともな恋愛なんかできない。女の人を幸せにすることも…」と自嘲気味に笑うタケル。瑠可は、そんなタケルの 言葉を否定すると、その体をそっと抱き締めた。その夜、ふたりは、ひとつの毛布で抱き合うようにして眠り――。

 あくる朝、瑠可たちは再び美知留の行方を捜し始める。ところがその途中、ふたりの乗ったバイクが見通しの悪いカーブでトラックと接触しそうになり、転倒の衝撃で瑠可が頭にケガを負ってしまう。

 タケルは、瑠可を市内の病院に連れて行った。幸い、瑠可のケガは軽症だった。病院を後にしようとしたそのとき、タケルは、美知留の姿に気づく。美知留も産科で診察を受けていたのだ。

 瑠可とタケルは、美知留が暮らす寮を訪れた。そこで美知留は、自分の思いをふたりに打ち明けた。宗佑の死に責任を感じていること、お腹に彼の子どもがい るとわかったとき、もうひとりじゃないと思えて嬉しかったこと…。そんな美知留に、どうやって生きていくのも自由だが、自分は美知留とともに生きていきた い、と告げる瑠可。タケルも、自分が父親になってもいいからみんなで暮らそう、と続けた。
 と、そのとき突然、美知留が産気づいた。瑠可とタケルは、慌てて美知留をタクシーで病院まで連れていった。


 美知留は、難産の末、女児を出産した。美知留は、その女の子に、瑠可とタケルと自分の名前をとって「瑠美」と名付けた。

 美知留、瑠可、タケル、そして瑠美の4人は、シェアハウスに戻ってまた一緒に生活を始め…。
(公式サイトより引用)




「ラスト・フレンズ 第11話(最終回)」youku版



スポンサーサイト

テーマ : ラスト・フレンズ (長澤まさみ、上野樹里、瑛太出演) - ジャンル : テレビ・ラジオ

TAG : ドラマ ラストフレンズ 動画

ラスト・フレンズ 第11話(最終回)『未来へ』

 美知留(長澤まさみ)は、自ら命を絶った宗佑(錦戸亮)の遺書を見つける。遺書には、自分が生きている限り美知留を縛りつけてしまうから、自由にしてあげるためには自ら心臓を止めるしかない、などと綴られていた。

 同じころ、モトクロス全日本選手権の関東大会で優勝した瑠可(上野樹里)は、記者会見に臨んでいた。週刊誌で瑠可のことが取り沙汰されたこともあって、会場には大勢の取材陣が詰めかけていた。そこで瑠可は、男でも女でもなくひとりの人間として自分を応援してくれた家族や友人に支えられてここまでくることができた、と堂々とした態度で答えた。

 あくる日、シェアハウスに美知留の母・千夏(倍賞美津子)から電話が入る。千夏は、美知留を捜しているようだった。そこで初めて宗佑の死を知った瑠可やタケル(瑛太)たちは、さすがにショックを隠せなかった。ほどなく、瑠可のもとに、美知留からのハガキが届く。そこには、「レースに行けなくてごめんなさい。私は一人でやっていきます。心配しないで下さい」とだけ書かれていた。
 一方、友彦(山崎樹範)は、海外転勤の内示を受ける。来月にはミラノに行かなければならないのだという。友彦が別居中の妻をミラノに連れて行くことを知ったエリ(水川あさみ)は、内心ショックを受けていたが、無理矢理自分を納得させると、笑顔で彼と別れた。

 そのころ美知留は、かつて千夏と暮らしていた港町にいた。そこで、千夏の知り合いだったシズエ(大森暁美)に出会った美知留は、彼女が仲居頭を務める旅館の仕事を世話してもらう。
 そんな折、美知留が妊娠していることが判明する。4週目だった。医師は、血圧が高いことから、出産にはリスクが伴う可能性があると美知留に告げた。それ から数日後、千夏が美知留のもとにやってくる。シズエから連絡をもらったのだという。美知留が出産を決意していることを知った千夏は、子どもは生きていく のに足手まといなる、と告げた。美知留は、そんな千夏に強く反発した。実は美知留は、千夏が自分のことをそう思っているのではないかとずっと思っていたの だ。「私は、お母さんみたいにはならないよ。この子のことは、ありったけの愛情をかけて大事に育てるから」と言い放つ美知留。そのとき、ふいに吐き気に襲 われた美知留は、部屋を飛び出した。美知留の意志が固いことを知った千夏は、美知留の背中をさすりながら、夫が借金を作って逃げたとき、自分も赤ん坊とふ たりなら頑張れると思った、と言って美知留を励ました。


 それから数ヵ月後。仕事を終えたエリの前に、花束を持った友彦が現れ、いきなりエリに求婚した。エリのことが忘れられなかったのだという。

 エリと友彦の結婚式と披露宴には、瑠可とタケルも出席した。ふたりは、幸せいっぱいのエリたちを心から祝福した。

 シェアハウスは、瑠可とタケルだけになっていた。その間も瑠可のことをずっと見守っていたタケルは、ある日、美知留を迎えに行こう、と瑠可を誘った。美 知留がいなくなってからも、片時も彼女のことを忘れていない瑠可を見ているのは辛い、というのだ。ふたりは、タケルが借りてきたバイクで美知留の行方を追 い、彼女が高校卒業と同時に移り住んだ町・銚子へと向かった。

 銚子に到着した瑠可たちは、美知留に関する情報を追い求める。最初の日、有力な手がかりを得ることができなかったふたりは、海岸にテントを張って夜を明 かすことにする。そこでタケルは、姉との間にあったできごとを瑠可に打ち明ける。タケルは、そのときのことがトラウマになって、女性の体が怖くなってしま うのだという。「最低だよな、こんな男。一生まともな恋愛なんかできない。女の人を幸せにすることも…」と自嘲気味に笑うタケル。瑠可は、そんなタケルの 言葉を否定すると、その体をそっと抱き締めた。その夜、ふたりは、ひとつの毛布で抱き合うようにして眠り――。

 あくる朝、瑠可たちは再び美知留の行方を捜し始める。ところがその途中、ふたりの乗ったバイクが見通しの悪いカーブでトラックと接触しそうになり、転倒の衝撃で瑠可が頭にケガを負ってしまう。

 タケルは、瑠可を市内の病院に連れて行った。幸い、瑠可のケガは軽症だった。病院を後にしようとしたそのとき、タケルは、美知留の姿に気づく。美知留も産科で診察を受けていたのだ。

 瑠可とタケルは、美知留が暮らす寮を訪れた。そこで美知留は、自分の思いをふたりに打ち明けた。宗佑の死に責任を感じていること、お腹に彼の子どもがい るとわかったとき、もうひとりじゃないと思えて嬉しかったこと…。そんな美知留に、どうやって生きていくのも自由だが、自分は美知留とともに生きていきた い、と告げる瑠可。タケルも、自分が父親になってもいいからみんなで暮らそう、と続けた。
 と、そのとき突然、美知留が産気づいた。瑠可とタケルは、慌てて美知留をタクシーで病院まで連れていった。


 美知留は、難産の末、女児を出産した。美知留は、その女の子に、瑠可とタケルと自分の名前をとって「瑠美」と名付けた。

 美知留、瑠可、タケル、そして瑠美の4人は、シェアハウスに戻ってまた一緒に生活を始め…。
(公式サイトより引用)





「ラスト・フレンズ 第11話最終回)」veoh版その1


「ラスト・フレンズ 第11話最終回)」veoh版その2


続きを読む »

テーマ : ラスト・フレンズ (長澤まさみ、上野樹里、瑛太出演) - ジャンル : テレビ・ラジオ

TAG : ドラマ ラストフレンズ 動画 11話 最終回

  
     
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。